忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

好感を与えるメールの秘訣をお教えします

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もてる女を目指して、次のようなことを考えて・・・

(1)内容はポジティブに明るく

「○○に一緒に行きませんか?」「今、忙しいですか?」というように疑問形にすると相手が返信しやすいといいます。
相手が気楽にすぐ返信できるように重たい印象を与えないほうがいいでしょう。
相手が自分にとって頼りたい存在であっても、携帯メールで突然仕事のグチをこぼすのはタブー。
いきなり悩みを相談されたりしてもメールを受け取る側にしてみると重いし、ディープな内容であればあるほど返事にも困ります。
それに、携帯メールでわざわざネガティブな印象を与えることはありません。

(2)絵文字、顔文字は控えめに
親しみやすさを出すためだったり、感情を伝えるために絵文字や顔文字を使うのは悪いことではないけれど、中にはそういった表現を不快に感じる人もいます。
相手の性格をよく知らないうちは、避けたほうが無難。文章の最後につける(笑)や(爆)も同様に、相手によっては使わないほうがいいでしょう。

(3)タイトルをつける
もらったメールを返信するときは「Re:」をつけてそのまま送るよりも自分なりに分かりやすいタイトルをつけたほうが好印象です。
仕事上のメールだと「Re:」をつけたままのほうが、すぐに返信だということが分かりますが、プライベートなメールのやりとりでタイトルを省略されると「テンションが下がる」という人は結構多いようです。
携帯メールの場合、読みやすいように文章は簡潔に書くべき。見やすいメールにするために、余分な言葉は削り、そのぶんタイトルに伝えたいこと、もしくは自分の名前を入れるとスッキリします。


PR
←No.6No.5No.4No.3No.2No.1
フリーエリア