忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

好感を与えるメールの秘訣をお教えします

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分では全くそんなつもりがなくても、相手を不快な気分にさせてしまうメールがあります。

●タイミングが悪い
「え、何のことだっけ?」と、相手が戸惑ってしまう時間差メール。
内容はもちろん、送るタイミングも相手のことを考えて。

●「ごめんね」「すみません」謝ってばかり
自分に非がある場合は素直に謝ったほうがいいけど、卑屈になっている印象を与えてしまうのはマイナス。
「ありがとう」「○○さんのおかげで…」など、感謝の言葉に変えると印象がだいぶ変わります。

●アピール過剰メール
最新の機能を使いこなしたい気持ちはわかるけど、相手が対応できない場合もあります。
動画など送られて喜ぶタイプか、冷めた反応をする人か、人それぞれ違います。
絵文字の多用もつきあいが浅いうちは控えたほうが無難。

●ディープで重い長文メール
開いた瞬間、気持ちが沈む深刻な内容。
返事に困ります。きちんと相談に乗ってもらいたいのなら、その旨を伝えて直接会ったときに話を聞いてもらったほうがいいのでは。

●自分に酔いすぎポエマー・メール
共感してくれる相手なら問題ないけど、ドン引きされる可能性あり。

電話じゃなくてメールだったら、いつ送ってもいいだろうという考えの人もいますが、深夜でも昼間でも関係なくメールを送りつける人を相手がどう思うか。
「今、何してた?」「○○さんって、△△だよね」なんてメールがしょっちゅう届くと、監視されている!? と警戒するかも。

……と、あれこれNGメールを挙げてみましたが、このようなメールをもらった男性が、うれしく思い恋愛に発展するはずがありません。
恋愛の場面では自分の気持ちを効果的に伝えることができたら成功ってこと。
もてる女になるためのメールは、考えてから送信ボタンを押しましょう。


PR
←No.6No.5No.4No.3No.2No.1
フリーエリア